AGAで悩まない

AGAの悩みを解消したい

AGAの悩みを解消するには

かつて成人男性の薄毛は、加齢や男性ホルモンの影響による自然な生理現象と見られていました。けれども現在は「AGA(男性型脱毛症)」と言う病気として治療方法も確立されています。加齢によって毛母組織が寿命を迎える「老人性脱毛症」とは別です。成人男性の8人に1人は発症し、早ければ20代から進行します。

進行パターンは主に3つあり、前頭部から薄くなる「A字型」は日本人に多く、最後は後頭部と側頭部の髪だけが残ります。次に多いのが、つむじから薄毛が広がる「O字型」。そして、こめかみの生え際から薄くなる「M字型」があります。M字型とO字型が同時に進行する場合もあります。

AGAになる原因として「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの影響が考えられます。男性ホルモンのテストステロンが「5α-リダクターゼ」という酵素と結びついて変質したものです。これが毛母細胞の分裂を止めて、発毛サイクルを乱します。作られやすさには遺伝が関係しており、父親など直系の家系にAGAの男性がいれば、かなりの確率でAGAになりやすいでしょう。

発毛サイクルが短くなると、髪の毛は十分に成長しないまま抜けてしまいます。通常は1本の髪の毛につき最大6年生えますが、わずか1年足らずで寿命を迎えます。それを繰り返すうちに髪の毛も細くなり、薄毛が目立つようになるのです。AGAは放っておくと進行して、5年で約30%の髪の毛が減少すると言われています。

AGAの悩みを解消するなら、AGA専門のクリニックに行くのが一番です。AGAを発症するメカニズムには個人差があるため、自己流ではなかなか解決できません。目安としては短い抜け毛が増えて、ハリやコシが無くなるなど髪質の変化に気づいたら受診すべきでしょう。

AGAを解消するには、発毛・育毛・増毛・植毛と4種類の治療法があります。現在の髪の毛の状況や、治療にかけられる時間、費用などによって最適な治療法は異なります。まずは専門医と相談してみましょう。