• トップ /
  • 通信制高校の在校生の年齢層

高卒資格という目標に向かって

通信制高校の在校生の年齢層

通信制高校の在校生について

通信制高校は公立と私立に分かれますが15歳以上であれば入学可能であるため在校生の年齢層は15~60歳代と幅広いのが特徴です。通信制高校に通うメリットは仕事やアルバイトをしながらでも高校卒業資格が得られることや全日制高校を退学した後でも中途編入学できることなどが挙げられます。また私立の通信制高校のなかには社会人クラスやママさんクラス、シニアクラスなど年齢やライフスタイルに合わせた学び方ができるようクラス編成されているところもあるなど学び方は多様化しています。通信制高校の在校生は公立であればクラスの半数が10代で占められており平均年齢は21歳となっています。一方私立の場合は公立に比べてさらに年齢層が下がりクラスの大半が10代となっており平均で17歳となっています。私立では週に3~5回登校すればよい学校や手に職を付けるための学校など様々なタイプがありますので比較的歳が近い関係性のなかで同じ目標に向かって学ぶことになります。通信制高校では様々な事情や目的を持って通学している在校生が多くいますがどの在校生も年齢の垣根を超えて将来に向かってお互い切磋琢磨しながら有意義に学業やプライベートを過ごしています。

通信制高校のための情報

↑PAGE TOP